僕は売れている本が、作家が憎い。
なぜなら、僕の本は売れないからだ。
バカが全裸でやってくる Ver.2.0
著者/入間人間
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ついに僕はデビューした。
 ずっと夢だった、憧れの職業。小説家になった。すべてがバラ色、これからは何もかもがうまくいく……はずだった。
 デビュー作の『バカが全裸でやってくる』は、売れなかった。それはもう悲しいほどに。そして僕の小説家人生はまだ始まったばかりだった。
 担当編集から次作に課せられた命題は、『可愛い女の子を出せ』。まてまて。なんだその意味不明な無理難題は。好きなものを好きなように書くのが小説家じゃないのか?
 業界を赤裸々(?)に描く問題作登場。

試し読みをする
【書誌情報】
バカが全裸でやってくる Ver.2.0
入間人間
  • 発売日 2011年9月26日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-870821-0
著者プロフィール

1986年生まれ。2007年6月、作家デビュー。
現代の青春群像を独特の作風で描く作家として名を馳せる。今年めでたく4周年を迎えた。

入間人間の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ