妄想の美女が救世主!?
哀しくも笑ってしまう新感覚恋愛物語
妄想ジョナさん。
著者/西村 悠
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 これは、自らの妄想と現実の区別がつかない大学生『僕』の物語だ。大学一年生の春、恋する僕は確かに幸せだった。憧れの人が、自分の妄想の産物だと気付くまでは。大学二年の秋、傷心から立ち直れない僕の前にひとりの女性が現れる。その名はジョナさん。彼女もまた僕の妄想の産物だ。驚いたことに彼女は、僕を妄想から解放すると宣言した。
 自らの妄想に導かれ、壮大な脱妄想計画が幕を開ける! 大学キャンパスがロンドンに変じ、ラブホテルが魔王の城と化す、妄想にまみれた東京多摩市で展開する、騒々しくも切なく、悲しくも情けない恋の物語。

試し読みをする
【書誌情報】
妄想ジョナさん。
西村 悠
  • 発売日 2011年9月26日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-870874-6
著者プロフィール

電撃hp短編小説賞<銀賞>受賞作『2409階の彼女』で作家デビュー。主な著作は『僕と彼女とギャルゲーな戦い』(メディアワークス文庫)など。

西村 悠の作品

ページの先頭へ