愛すべき奇人変人たちの愉快痛快な青春グラフィティ!
奇祭狂想曲
著者/朽葉屋周太郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 おちゃらけな大学生、名雪小次郎。彼はある日、思わぬ事態に驚愕する。すなわち――金がない。
 このままでは卒業どころか、明日を迎えることさえ叶わないと自覚した小次郎は、夏祭り「嗚鼓宮祭」で、濡れ手に粟の金儲けをしようと企む。しかし、頼りの相棒・魔王が逮捕され、ピンチに陥る。しかも、かつて敵対していた女子高生・朝霞愛理を人質に、街中を逃げ回ることになってしまい……。
 第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作である『おちゃらけ王』の名雪小次郎が、またまた大奮闘!?
 疾走感あふれる愉快痛快な逃亡劇に、酔いしれろ!

試し読みをする
【書誌情報】
奇祭狂想曲
朽葉屋周太郎
  • 発売日 2012年3月26日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-886269-1
著者プロフィール

1988年5月14日生まれ。第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞し、『おちゃらけ王』で作家デビュー。昨年12月には『絶望センチメンタル』も刊行。

朽葉屋周太郎の作品

ページの先頭へ