全てのサイクリストの胸を熱くする本格自転車ロードレース小説!
アウター×トップ
著者/神野淳一
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 大学二年の春、橋沢京助は親友の神崎悠宇と二人でプロレーサーを目指し、実業団の自転車ロードレースに打ち込んでいた。悠宇の妹、有季も競技に参加するようになり、京助と有季の距離は徐々に縮まっていく。
 そんな時、レース中に京助は落車し肩を負傷して、プロへの登竜門「クラス1」への昇格が絶望的になる。だが、有季が京助のリハビリをサポートし、悠宇は一緒にレースを走る仲間、南と瞬一を見つけてきて、シーズン最後のロードレース直前で怪我の回復とチーム編成がギリギリ間に合った。京助はクラス1昇格に一縷の望みを掛け、最終戦に挑む……。

試し読みをする
【書誌情報】
アウター×トップ
神野淳一
  • 発売日 2012年5月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-886600-2
著者プロフィール

1971年生まれ。2002年、第9回電撃ゲーム小説大賞〈選考委員奨励賞〉を「シルフィ・ナイト」で受賞。2003年、同作で作家デビュー。趣味は自転車と大食い。

ページの先頭へ