アフタヌーンティーは恋のお菓子とともに
鴨川貴族邸宅の茶飯事
~恋する乙女、先斗町通二条上ル~
著者/範乃秋晴
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 京の風情あふれる鴨川ぞいをそぞろ歩き。するとその貴族邸宅が見えてくるでしょう。あなたは優雅な仕草の四人の執事たちに迎え入れられるはずです。
 優しさにじむ笑みの遠矢、鋭利で奔放な晴、穏やかで優美な瑪瑙、静謐にして清冽な真。彼らはあなたとともに笑い、そしてともに悲しんでくれます。ですが、彼らにはお気を付けください。抑圧されたあなたを解き放ち、京の町へと誘うからです。まるで恋人のように。
 え? 何に気を付けるのかですって?
 それは彼らが隠している大きな秘密に、です。

試し読みをする
【書誌情報】
鴨川貴族邸宅の茶飯事
~恋する乙女、先斗町通二条上ル~
範乃秋晴
  • 発売日 2012年6月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-886705-4
著者プロフィール

福井県出身。第16回電撃小説大賞で見い出され、メディアワークス文庫にてデビュー。座右の銘は自由奔放、因果応報、前言撤回。物欲に乏しく、幸せなら他に何もいらない。

範乃秋晴の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ