人生何があるかわからない。
でも悪いことばかりじゃない、かも。
雛鳥トートロジィ
著者/柴村 仁
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある晩、仕事を終えてアパートに帰ってきた僕を待っていたのは、見ず知らずの女の子。中学生か高校生と思われる彼女が言う。「あの、私……も、すみません、上野蔦夫、さんの、子供、なんです……けど」。夢にも思わなかった異母妹の発覚。平凡な僕の日常に、さざ波が立ちはじめた……。
 唯一の身内である叔母が突然海外留学へ。「実は、父親が生きているからそこでしばらく世話になれ」と彼女に言われ、仕方なく訪ねた先で出会ったのは、腹ちがいのお兄さん。しかし彼は、私のことを何も聞いていないようで……。
『プシュケの涙』の柴村仁が贈る、青春グラフィティ。

試し読みをする
【書誌情報】
雛鳥トートロジィ
柴村 仁
  • 発売日 2012年8月25日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-886901-0
著者プロフィール

第10回電撃小説大賞<金賞>を受賞。主な著作に『プシュケの涙』『ハイドラの告白』『セイジャの式日』『4 Girls』(いずれもメディアワークス文庫)などがある。

柴村 仁の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ