ゆるやかに終わっていく世界での、切ない恋を描く感動の物語。
終わる世界のアルバム
著者/杉井 光
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 なんの前触れもなく人間が消滅し、その痕跡も、周囲の人々の記憶からも消え去ってしまう世界。人々は普段通りの生活を続けながらゆるやかに訪れる世界の終わりを待っている。  そんな世界でぼくは例外的に消えた人間の記憶を保持することができた。そんなぼくは気がつく。人が消えていくばかりの世界の中、いなかったはずの少女がいつのまにかクラスの一員として溶け込んでいることに――。
 電撃文庫『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』『楽聖少女』などで人気を博す杉井光の単行本が待望の文庫化。

試し読みをする
【書誌情報】
終わる世界のアルバム
杉井 光
  • 発売日 2012年10月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-891149-8
著者プロフィール

1978年生まれ。『火目の巫女』で第12回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞。以降、幅広いジャンルの作品を発表し続けている。著書に電撃文庫『神様のメモ帳』『楽聖少女』など。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ