『殺戮ゲームの館』『生贄のジレンマ』の
土橋真二郎が贈る、《密室》サスペンス最新作!
演じられたタイムトラベル
著者/土橋真二郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 大学生の朝倉僚は、目を覚ますと知らない場所に閉じ込められていた。ずきずきと痛む頭、はっきりとしない直前の記憶、首に巻かれた無骨なワイヤー。そして、その場所には“ある共通点”を持つ人間たちが集められていた。
 かつて制作の頓挫したゲームアプリ【SOD】――その開発者たちが一堂に集められ、ゲームのプレイヤーを“演じる”ことを命じられる。
 矛盾を起こせば死――記憶だけを頼りに“抜け落ちた時間のイベントを補完する”、決死の舞台が幕を開ける!
 土橋真二郎のMW文庫デビュー作『殺戮ゲームの館』に連なる《密室》シリーズ第2弾!

試し読みをする
【書誌情報】
演じられたタイムトラベル
土橋真二郎
  • 発売日 2012年11月22日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-891207-5
著者プロフィール

『扉の外』で第13回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞し作家デビュー。極限状態に置かれた登場人物たちのリアルな心理描写に定評がある。

土橋真二郎の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ