のんきな男と少女が出会う、のんきではいられない物語
沢木道楽堂怪奇録 最後の魔女
著者/寺本耕也
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ひとりは霊を見る男。名を沢木隼人、なんでも屋『沢木道楽堂』を営むダメ人間。もうひとりは霊に好かれる少女。名を矢都雪穂、明るさが取り柄のお節介な女子高生。ふたりの前には、今日も今日とて奇妙でおかしな出来事が……。
 失踪した母。残された娘は闇を恐れていた母の運命を知る「ほらこの夜、またあいつらが」。黒猫を預かった雪穂。想いはかつての愛猫、寅さんの元へ……「きみに照らされて」。13人が死に、ひとりが生き残った。生き残ったのは幼い少女、葉山有紗。だが彼女の周囲では次々と人が死んでいき……「最後の魔女」。以上三編収録。

試し読みをする
【書誌情報】
沢木道楽堂怪奇録 最後の魔女
寺本耕也
  • 発売日 2012年12月25日
  • 定価 (本体670円+税)
  • ISBN 978-4-04-891301-0
著者プロフィール

主にゲーム関連の書籍やマニュアルを多数執筆。2010年『超能力者のいた夏』でデビュー。ここ最近は「ロックスミス」でギターを掻き鳴らす日々。打倒ブラックモアなのかー!?

寺本耕也の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ