江戸の情緒あふれるふしぎな浮世絵物語。
人気作、待望の第2弾!
不思議絵師 蓮十〈二〉江戸異聞譚
著者/かたやま和華
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 今日も花のお江戸には不思議な事件があふれている。描くものに命を吹き込む不思議絵師、蓮十の周りではおかしな事ばかり。
 蓮十にいつもやきもきの地本問屋のお嬢さん小夜。いなせで破天荒な悪友の歌川国芳。二人も加わり、江戸の町をいったりきたり。
 十軒店の雛市で、鼠除けの絵から猫股が抜けだしたって? そりゃ大変だ!
 実は蓮十が描いた絵で。放っておけないとばかりに、蓮十と国芳は猫股をふん捕まえようといさむのだが?

試し読みをする
【書誌情報】
不思議絵師 蓮十〈二〉江戸異聞譚
かたやま和華
  • 発売日 2013年1月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-891333-1
著者プロフィール

第5回富士見ヤングミステリー大賞佳作受賞作『楓の剣!』でデビュー。柔らかい文体で情感あふれる人物描写には定評がある。

かたやま和華の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ