林檎の紅茶がサーブされる世話焼き質店「六文屋」。
ティーカップに収まる、小さな謎を取り扱います。
謎、買い取ります。
質屋「六文屋」の訳アリな訪問客
著者/吉川美樹
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 紅茶の香り漂う老舗質店「六文屋」を訪れるのは、なぜだか訳アリなお客さんばかり。
 悩める人々を迎え入れる店主・片倉十士は、質入れ品に隠された微かな意図“サイン”を発見するのが趣味なのです。普段は訪問客に紅茶を振る舞う店員の少女に振り回されてばかりなのですが……。
 店主の華麗な目利きと少女のテキトー推理で、質入れ品の甘くほろ苦い過去に迫る──。
「結婚するか別れるかの瀬戸際彼氏にもらったポストカード」
「天国の妻が残した黄色い浴衣」
「海外に逃亡してしまった憧れの先輩に渡された一圓銀貨」
 ──そこに潜む謎、買い取ります。

試し読みをする
【書誌情報】
謎、買い取ります。
質屋「六文屋」の訳アリな訪問客
吉川美樹
  • 発売日 2013年1月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-891405-5
著者プロフィール

北海道在住。電撃小説大賞への応募をきっかけに本作『質屋「六文屋」の訳アリな訪問客』にてデビュー。性別は未だに不明。

ページの先頭へ