第19回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作!
ちょっと疲れたアラサーたちへ、心を癒やすこの1冊。
きじかくしの庭
著者/桜井美奈
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 恋人の心変わりで突然フラれた亜由。ちょっとした誤解から、仲たがいをしてしまった千春と舞。家でも学校でも自分の居場所を見つけられずにいる祥子。高校生の彼女たちが涙を流し、途方に暮れる場所は、学校の片隅にある荒れ果てた花壇だった。そしてもう一人、教師6年目の田路がこの花壇を訪れる。彼もまた、学生時代からの恋人との付き合いが岐路を迎え、立ちつくす日々を送っていた。熱血とは程遠いけれど、クールにもなりきれない田路は、“悩み”という秘密を共有しながら、彼女たちとその花壇でアスパラガスを育て――。
 躓きながらも、なんとか前を向き歩こうとする人々の物語。

【書誌情報】
きじかくしの庭
桜井美奈
  • 発売日 2013年2月23日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-891415-4
著者プロフィール

新潟市在住。地図を持っていても迷うため、上京の度に右往左往する。この前は、東京駅へ行こうと総武線に乗ったら、両国国技館を見ました(乗り換えし損ねた)……。

桜井美奈の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ