『デュラララ!!』の世界で繰り広げられる
サスペンスアクション、ここに開幕──!
オツベルと笑う水曜日
著者/成田良悟
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

『私は、何一つ悪事を働いておりません。故に私は、己の身が清廉潔白である事を証明しようかと思います』
 先日少年刑務所から出てきた容疑者の部屋で発見された声明文。そして殺人現場の壁に残る『私は無実です』のメッセージ──。
 芸能ゴシップや都市伝説等を扱う、とある雑誌の編集部。そこは編集長の乙野辺ルイ、通称オツベルが若き女帝として君臨していた。そんな部に急遽配属された、強面で顔面に傷痕が走る巨漢、喜佐雪弘。自分を悪人だと自負するルイと真面目ながらも謎の多い新人記者・喜佐が、いつしか連続殺人事件に巻き込まれ──。

【書誌情報】
オツベルと笑う水曜日
成田良悟
  • 発売日 2013年6月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-891810-7
著者プロフィール

1980年、東京生まれの埼玉育ち。『バッカーノ!』で第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>を受賞。『デュラララ!!』をはじめとする多シリーズを同時展開中! 『オツベルと笑う水曜日』でメディアワークス文庫デビュー。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ