わたくしは犬のシャルロッテ。
愛すべき飼い主の物語、聞いてもらえますか?
シャルのご主人さま
著者/狩屋崎半蔵
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 わたくしはシャルロッテ。イングリッシュ・コッカーという中型犬で、麻雛市に暮らす来栖川家で飼われています。
 わたくしは、来栖川家のみなさまが大好き。中でも、長女の瑠璃子様が一番好きです。栗色の髪の毛も、無邪気な笑顔も、瑠璃子様を構成する全てが愛おしくてなりません。
 けれど、瑠璃子様はとってもアホです。もうビックリするくらいアホです。しかしそれでも、わたくしは瑠璃子様が大好きなのです。
 そんな愛すべき飼い主・瑠璃子様の物語、聞いていただけますでしょうか――。
 犬の視点で描かれる愉快でハートフルなストーリー!

【書誌情報】
シャルのご主人さま
狩屋崎半蔵
  • 発売日 2013年7月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-891864-0
著者プロフィール

静岡県富士市出身。漫画家を目指して田舎を飛び出すも、気がつけば第19回電撃小説大賞で拾い上げられ、実力が伴わないまま本作でデビュー。ホント、なんかすみません。

狩屋崎半蔵の作品

同じジャンルの作品

  • 第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作 どんどん増えていく空のサカナ。いったい俺はどうなるの!?

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ