もしも自分の「死後」を自由に設計できるとしたら?
まずは僕たち“終幕プランナー”にご相談を。
優しいサヨナラの遺しかた
とある終幕プランナーの業務記録
著者/本田壱成
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 童話作家の父を亡くした大学生の智永読が、火葬場で出会った謎の美少女・小日向しるし。彼女は、依頼主の希望どおりに人生の最期を演出する“終幕プランナー”だと名乗るのだった。
 葬儀屋とも納棺師とも違い、この世を去った依頼主に代わって彼らが遺したかった物を守り、遺したくなかった物を処分するのが仕事だという彼女。その足跡を追って辿り着いたのは小日向人生相談所という怪しげな事務所で……。
 とある能力を買われ、そこで働くことになった読。彼は、老若男女様々な依頼主が望んだ十人十色の“サヨナラ”を目の当たりにするのだが――。

【書誌情報】
優しいサヨナラの遺しかた
とある終幕プランナーの業務記録
本田壱成
  • 発売日 2013年7月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-891866-4
著者プロフィール

1988年、宮城県生まれ。2012年に『ネバー×エンド×ロール ~巡る未来の記憶~』にてデビュー。呆れ顔の愛猫と戯れつつ、東北方面で太々しく暮らしている。物理的に。

本田壱成の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ