京都のお弁当屋を舞台に繰り広げられる
美味しくて心温まる人情ドラマ!
ちどり亭にようこそ
~京都の小さなお弁当屋さん~
著者/十三 湊
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ここは、昔ながらの家屋が残る姉小路通沿いに、こぢんまりと建っている仕出し&弁当屋「ちどり亭」。
 店主の花柚さんは二十代半ばの美しい人で、なぜか毎週お見合いをしている。いつも残念な結果に終わるらしいんだけど、どうしてなんだ?
「結婚したいんですか?」と尋ねると「お見合いがライフワークなの」と答える彼女。
 うーん、お茶目な人だ。
 そんな花柚さんが作る最高に美味しいお弁当は、とても人気で、花柚さんもバイトのぼくも毎日、朝から仕出しや弁当販売で大忙し。
 あ、いらっしゃいませ! どのお弁当にしますか?

試し読みをする
【書誌情報】
ちどり亭にようこそ
~京都の小さなお弁当屋さん~
十三 湊
  • 発売日 2016年7月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-892274-6
著者プロフィール

愛知県在住。生まれは「名古屋の植民地」と言われた岐阜。『C.S.T. 情報通信保安庁警備部』にて第20回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞して、デビュー。

十三 湊の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ