ほろりとせずにはいられない。
父と娘に起きる、優しい奇跡の物語。
ななもりやま動物園の奇跡
著者/上野 遊
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 妻が事故で逝った――。小さな不動産屋を営む幸一郎は、別居中だった妻を事故で亡くし、高校生の一人娘・美嘉とは関係がうまくいっていない。なんとか美嘉と仲直りしたい幸一郎だが、「母を死なせた」と美嘉は取り付く島もない。
 そんな中、幸一郎は親子3人の思い出の動物園が、ほぼ閉園状態にあることを知る。美嘉の笑顔を取り戻したい。幸一郎は何の知識もないまま、動物園の再建を決意する。
 最初は誰にも相手にされない幸一郎だが、彼の熱意に次第に人々が周囲に集まり始めて――。これは、父と娘、残された者たちが、心の絆を取り戻す優しい奇跡の物語。

試し読みをする
【書誌情報】
ななもりやま動物園の奇跡
上野 遊
  • 発売日 2016年7月23日
  • 定価 (本体690円+税)
  • ISBN 978-4-04-892280-7
著者プロフィール

『彼女は帰星子女』で電撃文庫より2005年にデビュー。美しい筆致と丁寧な人物描写で読者の心を掴む。

上野 遊の作品

ページの先頭へ