廃墟、狐面、事故物件……心霊動画で小遣い
稼ぎ!? おいちょっと待て、これ本物じゃ――
ゴーストフィルム
~古森先輩の、心霊動画でも撮りに行きませんか?~
著者/夏川鳴海
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 妹の部屋に居候中の伊佐屋古森。ニートで怠け癖のある彼は、心霊スポットで動画を撮影し、サイトにUPしての小遣い稼ぎを思いつく。古森の背を押したのは、後輩の大学生羽利田和希。生真面目な彼は、高校時代世話になった古森を放っておけなかったのだ。
 そんなこんなで男二人、心霊スポットを訪れる。霊を信じていない二人だが、撮影した動画に映っていたのは……。
「古森先輩、これマジでヤバくないですか」
「大丈夫だろ。俺ニートだし。失うモノないし」
「ってそうじゃなくて、本物の幽霊ですよ!」
 古森先輩と羽利田後輩による、ゆるコワ動画撮影日誌。

試し読みをする
【書誌情報】
ゴーストフィルム
~古森先輩の、心霊動画でも撮りに行きませんか?~
夏川鳴海
  • 発売日 2016年7月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-892283-8
著者プロフィール

愛知県在住。本作『ゴーストフィルム ~古森先輩の、心霊動画でも撮りに行きませんか?~』で作家デビュー。学園青春モノや、オカルトモノを好む。

夏川鳴海の作品

  • 詩集、手紙、写真集。受け取る人への想いをのせて。人と人の心をつなぐ印刷所の物語。

ページの先頭へ