ふしぎの蔵には恋あり、涙あり、謎あり!
愉快なつくも神たちとのにぎやか同居生活
上倉家のあやかし同居人
~見習い鍵守と、ふしぎの蔵のつくも神~
著者/梅谷 百
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 その蔵には、百年を待たずして魂が宿った“物”がたくさん棲んでいた――。東京から父親の田舎に越してきた女子高生の結花は、敷地内にある古い蔵で“視えて”しまった。それは、着物のイケメン・蘇芳さんをはじめ、たわしの伝兵衛、キセルの華など、長年蔵に閉じ込められていたつくも神たち。結花は半ば強引に、彼らを管理しつつお願いごともこなす「鍵守」として働くことに。 
最初の仕事はキセルの華を元の持ち主に返すこと。右も左もわからない田舎で、時代錯誤なつくも神たちと共に六十年前の持ち主捜しが始まった――!

試し読みをする
【書誌情報】
上倉家のあやかし同居人
~見習い鍵守と、ふしぎの蔵のつくも神~
梅谷 百
  • 発売日 2016年8月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-892340-8
著者プロフィール

日本の真ん中辺りに住んでいることをいいことに、全国津々浦々ふらりと旅に出るのが好き。城や寺社がある場所に高確率で出没中。本作でメディアワークス文庫デビュー。

ページの先頭へ