“くりかえす時間”を駆ける
少年少女たちの青春――。
くりかえす桜の下で君と
著者/周防ツカサ
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 高校1年の少年、望月譲はある日、自分がいつの間にか入学式の日に《戻っている》ことに気がついた。疑問符を浮かべながら登校した彼は、同じ境遇の生徒会長から、驚愕の事実を聞かされる。
『学校の一定人数が、入学式から桜が散るまでの《くりかえす時間》の中にいること』
『そして、ここから出ていく方法は、この《ループ》の中で誰かと恋人になること――』
 《ループ》の外に好きな人がいる譲は、彼女がこの世界に訪れるのを待つことに決めるが、同時に《ループ》内に3年以上留まっているという、ある少女のことが気になりはじめて――?

試し読みをする
【書誌情報】
くりかえす桜の下で君と
周防ツカサ
  • 発売日 2016年11月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-892590-7
著者プロフィール

長崎県在住。2005年に「インサイド・ワールド(電撃文庫)」でデビュー。カメラとコーヒーをこよなく愛する西の果ての住人。

書き下ろし番外編掲載中

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ