古書と絆の物語は、掛り合い、果てなく続く。
ビブリア古書堂の事件手帖7
~栞子さんと果てない舞台~
著者/三上 延
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。
 奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。
 人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

試し読みをする
【書誌情報】
ビブリア古書堂の事件手帖7
~栞子さんと果てない舞台~
三上 延
  • 発売日 2017年2月25日
  • 定価 (本体650円+税)
  • ISBN 978-4-04-892640-9
著者プロフィール

古書にまつわる謎を解いていく、ビブリオミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』がベストセラーとなる。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縱橫に活躍中。

三上 延の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ