自主制作ゾンビ映画撮影に挑む、
冴えないぼくらの青春ストーリー!
ぼくの映画。
~学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう~
著者/金子跳祥
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 成績は頑張って中の下。スクールカーストで言えば低い方。気の合う友達はいるけど、女子と喋った回数なんて数えるほど。可愛い女の子と交遊なんて高望みってものだろう。
 だけど脚本兼監督を引き受けてしまったぼくの一言で、映画部の日常が変わる。
「ヒロインで撮りたいんだ」
 文化祭に出展する予定のオリジナル脚本ゾンビ映画『死霊の呼び声』。しかし主演女優の出演交渉は早くも難航。女子たちから小馬鹿にされながらも、ヒロイン獲得に向けてみんなで策を練るが……。

試し読みをする
【書誌情報】
ぼくの映画。
~学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう~
金子跳祥
  • 発売日 2016年12月22日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-892642-3
著者プロフィール

1986年、千葉県生まれ。2015年に『重力迷宮のリリィ』(電撃文庫)でデビュー。日々暮らす。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ