思い立ったら、行ってみましょうひとり旅。
ガイドはちょっと生意気な一匹の猫――。
ひとり旅の神様
著者/五十嵐雄策
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 神崎結子・OL。ひとり暮らし、彼氏なし。とにかくとことんついてない。上司からは小言の連続、後輩はいまいち頼りない。そんな日常からの逃避行でたどり着いたのは、都心からは遠くて近い、鎌倉駅。そこで結子は、言葉を話す不思議な猫・ニャン太と出会う。自分を“旅を司る神”と名乗るその猫から頼まれたのは、日本の各地に住まう猫神様に文を届けること。どこか懐かしい土地へのひとり旅は、新たな発見の連続で――。
 日本の景色と食を巡る、心に優しいひとり旅の物語。

試し読みをする
【書誌情報】
ひとり旅の神様
五十嵐雄策
  • 発売日 2017年1月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-892674-4
著者プロフィール

『乃木坂春香の秘密』(電撃文庫)でデビュー。同作は二度のTVアニメ化を果たす大ヒット作となる。他著作に『ぼくたちのなつやすみ』『七日間の幽霊、八日目の彼女』(ともにメディアワークス文庫)ほか多数。

五十嵐雄策の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ