第23回電撃小説大賞《銀賞》受賞作
ぞわっとして、ほろりと出来る。
怠惰な記者のあやかし謎解き譚。
明治あやかし新聞
怠惰な記者の裏稼業
著者/さとみ桜
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者、久馬。そんな彼も好奇心が疼けば記事を書く。傍に用意するのは、怪談奇談に妖怪本。彼が書く記事は全て妖怪にまつわるものなのだ。
 ある春の日、少女が新聞社へ乗り込んできた。彼女の名は香澄。久馬の記事が原因で、友人が奉公先を追い出されたのだという。冷たい対応の久馬に代わり香澄に声を掛けたのは、妖美な男・艶煙。曰く、むしろ妖怪記事は人助けになっており、友人は貞操の危機を免れたのだというが!?

試し読みをする
【書誌情報】
明治あやかし新聞
怠惰な記者の裏稼業
さとみ桜
  • 発売日 2017年3月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-892676-8
著者プロフィール

生まれも育ちも学校も勤め先も岐阜県某市の引きこもり系。ヒゲ、筋肉、オッサンが好き。しかしながら理解者は少なく、寂しい人生を送っている。趣味は睡眠。特技は迷子。最近は人生にも迷っているらしい。

●作品の詳細は特集サイトをご覧ください!

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ