彼女と俺が幸せをつかむまで、
俺は何度でも時を超える。
繰り返されるタイムリープの果てに、きみの瞳に映る人は
著者/青葉優一
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「あなたは運命の人じゃなかった」。
 順風満帆かと思われた慶介と亜子の関係。しかし亜子は突然に別れを告げた。
 驚きと悲しみに打ちひしがれた慶介に、しかしタイムリープというチャンスが与えられる。別れの際に告げられた、その原因となった行動や欠点を改め、克服していく慶介だが、その先に待つのは幸せか、それとも――。
 繰り返されるタイムリープの果てに、慶介と亜子、二人がついに辿り着く真相と結末とは?

試し読みをする
【書誌情報】
繰り返されるタイムリープの果てに、きみの瞳に映る人は
青葉優一
  • 発売日 2017年3月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-892830-4
著者プロフィール

熊本県在住の作家。A型の蠍座。無類の猫好き。『王手桂香取り!』(電撃文庫)で第20回電撃小説大賞《銀賞》を受賞、デビュー。

青葉優一の作品

同じジャンルの作品

  • 「ずっと、君の手を握っているよ」 天の使い“守護者”(ガーディアン)と ひとりの少女のラブストーリー

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ