日常は映画より奇なり。謎解きの名画座が今宵も幕を開ける――
キネマ探偵カレイドミステリー
~再演奇縁のアンコール~
著者/斜線堂有紀
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 火事で家が燃え、嗄井戸が住む銀塩荘の一階に引っ越した奈緒崎は、嗄井戸の部屋に入り浸る日々を過ごしていた。
 夏休みが終わり、大学に赴いた奈緒崎は同級生にかけられた『スタンド・バイ・ミー』窃盗容疑を晴らすため、さっそく嗄井戸のもとへ向かうが――。
 実力派女優の家に残されたピンク色の足跡の謎、中古ビデオ屋の査定リストに潜む秘密……相変わらず部屋から一歩も出ずに、圧倒的な映画知識で不可解な事件を解決してみせる嗄井戸。その中には彼自身の過去が隠されていて――?!

【書誌情報】
キネマ探偵カレイドミステリー
~再演奇縁のアンコール~
斜線堂有紀
  • 発売日 2017年8月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-893328-5
著者プロフィール

第23回電撃小説大賞で《メディアワークス文庫賞》を受賞。受賞作『キネマ探偵カレイドミステリー』でデビュー。小説を書くことが死ぬほど好きで、暇さえあれば小説を書いている。

斜線堂有紀の作品

ページの先頭へ