京都市役所「陰陽課」、冬は異人さん絡みのお仕事で大忙しです。
お世話になっております。陰陽課です4
著者/峰守ひろかず
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 雪化粧に覆われた冬の京都。忙しい春明に代わり、祈理は陰陽課の公務を初めて一人で行うことになる。
 春明に一人前と認められたようでうれしい祈理は、張り切って現場に向かう。しかし現場で呪詛の封印が解け、絶体絶命のピンチに陥ることに。そんな祈理を救ったのは、春明の元主である大陰陽師・安倍晴明で――!?
 新米公務員×不良陰陽師の妖怪お助け物語、第4巻は京都の平和を揺るがす大事件が発生!? 祈理の公務員生活一年目、クライマックスです!

試し読みをする
【書誌情報】
お世話になっております。陰陽課です4
峰守ひろかず
  • 発売日 2017年9月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-893408-4
著者プロフィール

滋賀県在住。第十四回電撃小説大賞《大賞》受賞作『ほうかご百物語』(電撃文庫)でデビュー。妖怪もの専門作家になりつつあり、妖怪様と研究者様に感謝する毎日です。

峰守ひろかずの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ