彼の写真は“過去”を切り取る――。カメラが想いを繋ぐフォトミステリー。
いすみ写真館の想い出ポートレイト
著者/周防ツカサ
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 祖父が遺した「いすみ写真館」を継ぐこととなった駆け出しのカメラマン・透。彼には不思議な力があった。
“裸眼でファインダーを覗くと過去の写真を撮ることができる”――。
 扱いを間違えれば、とても危険なその力を、お人好しの透は人助けのために、少しずつ使うことに決めた。
 無くしたものを探すために。疑惑の真相を調べるために。消えた少女を見つけるために。
 写し出された人々の笑顔と、時には涙に触れながら、彼はシャッターを切り続ける。

試し読みをする
【書誌情報】
いすみ写真館の想い出ポートレイト
周防ツカサ
  • 発売日 2017年9月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-893412-1
著者プロフィール

長崎県在住。2005年に『インサイド・ワールド(電撃文庫刊)』でデビュー。カメラとコーヒーをこよなく愛する西の果ての住人。

周防ツカサの作品

ページの先頭へ