転職先は妖怪の会社で、私が次期社長!? あやかしたちと贈る、お仕事コメディ!
あやかし会社の社長にされそう。
著者/水沢あきと
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ブラックなアパレル企業から逃げ出したOL、萩原優奈。父親の薦めにより再就職した先は……なんと「顔が見えない」のをいいことに、現代の妖怪たちが働く不思議な『電話受付センター』だった!
 雪女や天狗、カッパやらがヘッドセットを装着して電話応対する会社……そんなおかしな光景が広がる「九十九コールセンター」だが、センター長の妖狐(ちょっと格好いい)・稲野さん曰く、肩身の狭い妖怪たちのために父が立ち上げた会社なのだという。次期社長として期待される優奈は、問題児だらけの会社を救うべく立ち上がる――!?(……え? ……ホントに?)

【書誌情報】
あやかし会社の社長にされそう。
水沢あきと
  • 発売日 2017年10月25日
  • 定価 (本体650円+税)
  • ISBN 978-4-04-893413-8
著者プロフィール

第6回電撃hp短編小説賞銀賞を受賞し、デビュー。IT企業勤のかたわら執筆活動を行う作家。

水沢あきとの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ