「なんで、お茶を点てるんですか?」「通じ合いたいと、願うからさ」
お点前頂戴いたします
泡沫亭あやかし茶の湯
著者/神田夏生
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 とある高校茶道部の部室である泡沫亭(うたかたてい)にはたびたびあやかし達が訪れるが、部長の湯季は彼らに対しても普通にお茶を点ててもてなしていた。極端なビビり体質である新入部員・三軒は、そんな茶道部での活動を通じて茶の心を学びつつ、自ずとあやかし達と心の交流も深めていく。厳つい鬼がお茶を学ぼうとした意外な動機のおはなし、ある日突然に部室へ来なくなった部員と狐の少女とのちょっぴり切ないおはなしなど、“一期一会”をテーマにしたほわりと温かなストーリーをどうぞ。

【書誌情報】
お点前頂戴いたします
泡沫亭あやかし茶の湯
神田夏生
  • 発売日 2017年11月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-893526-5
著者プロフィール

東京都出身。2016年、電撃文庫『狂気の沙汰もアイ次第』でデビュー。

ページの先頭へ