“どんな客人”も来る者拒まず――「あの世」と「この世」を結ぶ宿には、今日も感動が待っている。
あなたの「想い」届けます。
旅籠屋あのこの
著者/岬
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 霧の街・釧路の幣舞橋を少しこえた先に、その宿はある。紺と白、二色の暖簾がゆれる古民家風の《旅籠屋あのこの》。この宿のモットーは「どんな客人も、来るもの拒まず」。そこは死者も生者も訪れる、“あの世”と“この世”を結ぶ宿だった――。
 ひょんなことからここの新米従業員となった丸子のもとに、なにやら“ワケあり”な客人がやってきて……。料理番の南郷さん、神出鬼没な宿の主・紫鶴。ちょっぴり変わった面々と、不思議なお客が集う宿で、今日も素敵なドラマが始まります。

【書誌情報】
あなたの「想い」届けます。
旅籠屋あのこの
  • 発売日 2017年11月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-893529-6
著者プロフィール

『お女ヤン!!』で第4回魔法のiらんど大賞《大賞》受賞。コミック化もされ、シリーズ累計55万部超の大ヒットとなる。趣味はゲーム、好きな食べ物は激辛とチョコレート。

岬の作品

  • 許されない恋をした2人の、最期の14日間。 究極の愛を描いた、号泣ラブストーリー。

ページの先頭へ