このトリック、もう一度読み返したくなる。死者の声を聴く女子高生・京花の謎解き事件簿。
天保院京花の葬送
~メフィスト・ワルツ~
著者/山口幸三郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 天保院京花――死者の声を聴き、事件を解決に導く喪服の女子高生。
 彼女が通う全寮制の女子高では、『学校の七不思議』に沿った奇妙な事件が相次いでいた。
 そんな中、芸術祭でついに殺人事件が起きる。京花は解決に乗り出すことに――。
 事件の鍵を握る七不思議の四番目『化学資料室の不死身さん』の正体とは。閉じられた女子高で起こる悲劇を、果たして京花は止めることが出来るのか。
『探偵・日暮旅人』シリーズ著者が贈る、喪服の女子高生・京花の謎解き事件簿。

試し読みをする
【書誌情報】
天保院京花の葬送
~メフィスト・ワルツ~
山口幸三郎
  • 発売日 2018年1月25日
  • 定価 (本体650円+税)
  • ISBN 978-4-04-893584-5
著者プロフィール

第15回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》を受賞し『神のまにまに!』(電撃文庫)でデビュー。他の著作には『探偵・日暮旅人』シリーズ、『猫曰く、エスパー課長は役に立たない』(共にメディアワークス文庫)、『ハレルヤ・ヴァンプ』(電撃文庫)がある。

山口幸三郎の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ