下町の人情が集まるこのお店、一句ひねればこころもお腹もほっこりします。
下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし
著者/五十嵐雄策
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるということ。辛い時にはその人をなぐさめるように、楽しい時にはその人を祝うかのように、そっと傍らに在ってくれる――。
 社内恋愛騒動に巻き込まれ、傷心の三崎佳奈が東京深川でふらりと立ち寄ったのは、細い路地の奥にある小さなお弁当処、『芭蕉庵』。心に寄り添った、美しい俳句と美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。心を癒す詠み人の集いに、あなたも触れてみませんか?

【書誌情報】
下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし
五十嵐雄策
  • 発売日 2018年1月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-893627-9
著者プロフィール

『乃木坂春香の秘密』(電撃文庫)でデビュー。同作は二度のTVアニメ化を果たす大ヒット作となる。他著作に『七日間の幽霊、八日目の彼女』(メディアワークス文庫)など。

五十嵐雄策の作品

ページの先頭へ