神様はね、「幸せ」を与えて救ってあげられるから神様なんだよ――。人間みたいな神様のお騒がせ人情物語。
大黒さまの福さがし
著者/相原あきら
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ――ある日、高天原にて。弁財天が「七福神」を辞めると言い出し、人間界に隠れてしまった!? 同じ七福神の一柱・大黒天は、六福神にならないように神捜しすることに。
「僕も一緒に連れてってよ」
「ヒコ、俺は地上に遊びに行くわけではないんだが……」
 お調子者の親友・少彦名を連れて地上へ降り立った大黒天は、そこで出会った少女・出雲に導かれて悩みを抱えた人間を救っていく。だが、その中で見つけ出した「幸せ」には、弁財天が隠れた本当の意味が込められていて……!?

試し読みをする
【書誌情報】
大黒さまの福さがし
相原あきら
  • 発売日 2018年3月23日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-893696-5
著者プロフィール

東京都在住。USJへ行きたいと思っていたら、丁度チケットが当たりました! 念ずれば通ず。ただ、よくUSJをUFJって言い間違えるので今度は銀行に行ってしまうかもしれません。

相原あきらの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ