悩んで困って立ち止まってるあなたのもとへ、白くてでっかいお友達が背中を押しにお邪魔します。
シロクマ係長の奇跡
著者/鈴森丹子
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 思い出を残して故郷を旅立ち、別々の地で別々の人生を歩み始めた元幼馴染みたち。
 仕事に、家庭に、恋に悩んで立ち止まってしまった彼らのもとへ、あるとき白くてでっかいお友達があらわれた。
 のんびり屋で天然で、空気の読めない喋るシロクマに、最初は驚き困惑していた彼ら。けれど、不思議と懐かしい温かさを感じるその振る舞いに、いつのまにか背中をそっと押されていることに気がついた。
 やがて、思い出の中に置いてきたシロクマ係長の正体と、“友達”の切ない想いが明らかに――?

試し読みをする
【書誌情報】
シロクマ係長の奇跡
鈴森丹子
  • 発売日 2018年6月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-893932-4
著者プロフィール

第22回電撃小説大賞に応募した短編を加筆改稿した「おかえりの神様」で2016年にデビュー。ヨガ教室に通うつもりが、何故かその上にある空手教室に通い始めて4年目になる。

鈴森丹子の作品

  • 故郷を発ち、慣れない地でただ独り……そんな時でも、“なんでも話せる相手がいる”温かさを、あなたに。

  • ちょっと複雑な“恋”のお悩み、お聞きします? ただ“そばにいてくれる”、不思議な神様との物語。

  • 奇跡も神通力もないけれど、ただ“そばにいてくれる”。 そんな神様との出会いがおりなす、ほっと優しい物語。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ