想いは巡り、縁が広がる。モフモフかわいいアリクイさんの、おいしいハンコ物語。
アリクイのいんぼう
魔女と魔法のモカロールと消しハン
著者/鳩見すた
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ミナミコアリクイの店主が営む、瀟洒なハンコ屋兼喫茶店――『有久井印房』には今日もやっぱり「ちょっと訳あり」な人々が訪れる。
 家庭と仕事の板挟みな毎日に癒やしを求めるワーキングマザー、顔も知らない父親の葬儀と相続問題に翻弄されるフリーター、さらに恋と嘘の狭間で心揺れる小学生に、先代店主の有久井師匠……?
 あたたかく、そしてやさしいアリクイさんは今日もコーヒーとハンコをそっと差し出す。不思議なお店で静かに始まる、縁とハンコの物語。
 えっ、印房存続の危機!? そして気になるアリクイさんの過去とは――。

試し読みをする
【書誌情報】
アリクイのいんぼう
魔女と魔法のモカロールと消しハン
鳩見すた
  • 発売日 2018年8月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-893953-9
著者プロフィール

『ひとつ海のパラスアテナ』(電撃文庫)で第21回電撃小説大賞《大賞》を受賞。生まれ変わったら鳥になりたい。とんびになって湘南でしらすカレーパンばっか食べたい。

鳩見すたの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ