花柚と総一郎の結婚式は無事に開かれるのか!?
ちどり亭にようこそ4
~彗星の夜と幸福な日~
著者/十三 湊
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ちどり亭の店主・花柚と総一郎の結婚式まで、あと数ヶ月。平穏な日々が続くかと思われたある冬の日、意外な人物がちどり亭を訪れる。
 品のいい和服を着て、毅然とした印象のおばあさん――総一郎の祖母・咲子だった。
「バイトの彗太に、この店を継ぐだけの力があるか確認したい。その力がないと判断すれば、花柚に店をやめさせる」と言う咲子に、花柚は慌てる。
 しかし固い決意のもと、彗太は彼女ために一週間、お弁当を作ることになる……。
 大団円となるのか――?

【書誌情報】
ちどり亭にようこそ4
~彗星の夜と幸福な日~
十三 湊
  • 発売日 2018年11月24日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-912040-0
著者プロフィール

愛知県在住。『C.S.T.』で第20回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞して作家デビュー。『ちどり亭にようこそ』が第10回エキナカ書店大賞を受賞し、人気を博す。

十三 湊の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ