どんな落としものにも、愛がこもっているんですよ。
心の落としもの、お預かりしています
―こはるの駅遺失物係のにぎやかな日常―
著者/行田尚希
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 千葉県の〈こはるの駅〉に勤める若き駅員・日渡は、ある日、問題児がいることで有名な遺失物係へと配属される。
 ネガティブな思考で周囲を困惑させる須藤。空気を読まない発言ばかり連発する成島。この個性的な二人とともに、真面目な日渡は、日々届けられる奇妙な落としものと、複雑な事情を抱えた落とし主に、真摯に向かい合っていく。
 まるくてトゲトゲした小動物、抱えきれない大きな花束……駅で見つかる落としものには、ささやかだが心温まるドラマが詰まっている――。

【書誌情報】
心の落としもの、お預かりしています
―こはるの駅遺失物係のにぎやかな日常―
行田尚希
  • 発売日 2018年11月24日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-912043-1
著者プロフィール

栃木県出身在住。2月1日生まれ。第19回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞し、『路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店』でデビュー。

行田尚希の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ