新章の扉が開かれる待望のシリーズ最新刊。
ビブリア古書堂の事件手帖
~扉子と不思議な客人たち~
著者/三上 延
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった--。
 女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。
 人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。

試し読みをする
【書誌情報】
ビブリア古書堂の事件手帖
~扉子と不思議な客人たち~
三上 延
  • 発売日 2018年9月22日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-912044-8
著者プロフィール

古書にまつわる謎を解いていく、ビブリオミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』がベストセラーとなる。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縱橫に活躍中。

三上 延の作品

ページの先頭へ