毒舌イケメン弁護士の華麗なる逆転劇!
法廷の王様
弁護士・霧島連次郎
著者/間宮夏生
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「俺以外に誰がいる?」
 傲岸不遜にして毒舌。けれど一度法廷に立てば、負け知らずの“法廷の王様”霧島に舞い込んだのは、ストーカー殺人で起訴された青年の弁護だった。
 とある事情から固辞する霧島だが、見かねた上司の計らいで渋々ながら元気が取り柄の新人女性弁護士・雨宮とともに弁護を引き受けることに。
 青年の自白と“完璧”な状況証拠によって有罪確実な事件を逆転すべく、霧島が暴いた真実とは――!?
 軽妙かつ爽快。法廷小説のニューヒーロー登場。

【書誌情報】
法廷の王様
弁護士・霧島連次郎
間宮夏生
  • 発売日 2018年12月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-912217-6
著者プロフィール

岐阜県出身。2010年『月光』(電撃文庫)にてデビュー。軽妙な語り口で硬派な人間模様を描き出す。著作に『推定未来 白きサイネリアの福音』(メディアワークス文庫)など。

間宮夏生の作品

ページの先頭へ