三人で見た夢の始まり。始まりは、ここから。
七姫物語
東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~
著者/高野 和
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある大陸の片隅。そこでは七つの都市が先王の隠し子と呼ばれる姫君を擁立し、国家統一を目指して割拠した。七宮カセンの姫に選ばれたカラスミ。彼女を担ぎ出したのは、テン・フオウ将軍とその軍師トエル・タウ。二人とも桁違いの嘘つきで素姓も知れないが、「三人で天下を取りにいこう」と楽しそうにそう話す二人の側にいられることで、カラスミは幸せだった。しかし、隣の都市ツヅミがカセンへ侵攻を始めて……。時代に翻弄されながらも自らの運命と向き合う少女の姿を描く、オリエンタルファンタジー。

試し読みをする
【書誌情報】
七姫物語
東和国秘抄 ~四季姫語り、言紡ぎの空~
高野 和
  • 発売日 2019年1月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-912222-0
著者プロフィール

第9回電撃小説大賞《金賞》を受賞しデビュー。流れるような文章によって紡がれる物語で読者の支持を得る作家。

ページの先頭へ