名探偵の「耳」は、けして「真実」を聴き逃さない――。
横浜ヴァイオリン工房のホームズ
著者/上津レイ
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 横浜本牧の片隅に佇む弦楽器修理工房『響』。この店のオーナー冬馬響子は、美しいが人間嫌いの風変わりな女主人だ。元天才ヴァイオリニスト、人並み外れた聴覚を持つ彼女の事を知る人は皆こう呼ぶ――絶対音感探偵、と。
 あらゆる音を聴き分ける力とホームズばりの推理力で、なぜか楽器修理と共に持ち込まれた事件を解決する名探偵。そんな響子さんの下宿人兼助手の僕もまた、彼女の「耳」に救われた一人だった……。音×謎解き。新しい名探偵がおくる芸術ミステリー登場!

【書誌情報】
横浜ヴァイオリン工房のホームズ
上津レイ
  • 発売日 2018年12月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-912283-1
著者プロフィール

横浜を愛する小説家。本作でメディアワークス文庫デビュー。長毛種の猫を飼いながら、日々、創作に明け暮れている。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ