第25回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞! 感涙必至の幽霊ごはん物語。
ふしぎ荘で夕食を
~幽霊、ときどき、カレーライス~
著者/村谷由香里
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「最後に食べるものが、あなたの作るカレーでうれしい」

 家賃四万五千円、一部屋四畳半でトイレ有り(しかも夕食付き)。
 平凡な大学生の俺、七瀬浩太が暮らす『深山荘』は、オンボロな外観のせいか心霊スポットとして噂されている。
 暗闇に浮かぶ人影や怪しい視線、謎の紙人形……次々起こる不思議現象も、愉快な住人たちは全く気にしない――だって彼らは、悲しい過去を持つ幽霊すら温かく食卓に迎え入れてしまうんだから。

 これは俺たちが一生忘れない、最高に美味しくて切ない“最後の夕食”の物語だ。

【書誌情報】
ふしぎ荘で夕食を
~幽霊、ときどき、カレーライス~
村谷由香里
  • 発売日 2019年4月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-912483-5
著者プロフィール

山口県出身、福岡市在住。本作で第25回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。

同じジャンルの作品

ページの先頭へ