プロローグ


 崇高なるものは、いつだって凜として胸を張っている。

 今、日本で一番熱い冬が始まろうとしていた。


 十一月三十日、月曜日。

 お昼休み、昼食を食べてから部室へ出向くと、既にほとんどの部員が集合していた。

 サッカー部、唯一のマネージャーである楠井華代が、テレビの前でハードディスクレコーダーを設定している。姿が見えないのはキャプテンの桐原伊織くらいだろう。

 室内が妙に煙たいと思ったら、隅の方で楓、穂高、リオの三馬鹿トリオが、たこ焼きを作り始めていた。まさか、あれがあいつらの昼飯なのだろうか。

「あ、優雅。視聴覚室に行かなかったの?」

 僕に目を留めて華代が立ち上がる。

「世怜奈先生、優雅にも来て欲しいって言ってたのに」

「僕がアシスタントコーチを務めていることは、世間には秘密だろ。キャプテンはともかく、僕が記者会見に同席する理由がないよ」

「対外的にはエースでしょ。優雅がいないって知ったら、マスコミはがっかりすると思うな」

「むしろ、だから嫌なんだよ。何を質問されても、どうせ嘘をつくことになる」


 私立赤羽高等学校サッカー部、通称『レッドスワン』は、九度の全国大会出場経験を持つ古豪である。

 しかし、数ヵ月前まで、そんな輝かしい経歴は文字通り、過去の栄光でしかなかった。

 翼を奪われた赤白鳥。堕ちた名門。それが偽りない真実の姿だったからだ。

 ところが昨秋、三十二年振りに監督が交代し、レッドスワンを取り巻く環境は激変する。

 新監督に就任したのは、新卒三年目の若い国語教師、舞原世怜奈。

 新潟で暮らす者ならば知らない者はない旧家に出自を持ち、誰もが振り向く端麗な容姿を持っているにも関わらず、時間と情熱のすべてをサッカーに注ぐ、人心収攬に長けた確固不伐の教師だった。


 春、インターハイ予選。

 古豪を指揮する若き女性監督として、世怜奈先生が地方紙に紹介され、その容姿がSNSで話題になったことで、レッドスワンには再び世間からの注目が集まり始める。

 そして、訪れた運命の高校選手権予選。

 名門、偕成学園との死闘を経て、決勝戦にて県絶対王者の美波高校を破ったレッドスワンは、二十二年振りに全国大会への出場切符を勝ち取った。

 ついに高校サッカー界最大の祭典へと羽ばたくことになったのである。


 春からSNSで話題になっていた、あの舞原世怜奈が全国の舞台に登場する。

 選手権出場を決めた時点で大きな注目が集まっていたわけだが、その後のさらなる事件を経て、レッドスワンはあっという間に、出場四十八校の中で最も有名な高校になってしまった。

 冬の高校選手権では例年、大会に華を添えるための『応援マネージャー』が選出される。

 今年度、選ばれたのは、今やCMで見ない日はないとまで言われる櫻沢七海だった。僕らと同じ十七歳にして、CM出演本数が十を超えるという彼女は、映画やドラマ、モデル業で幅広く活躍する新進気鋭の若手女優である。

 応援マネージャーの務めは、イメージガールとして大会を盛り上げていくことだ。そのため、組み合わせ抽選会を前に放送された特別番組にも彼女は出演していた。

 事件はその特番で起こる。

 小学生時代を新潟市で過ごしたという櫻沢七海は、レッドスワンの守護神、榊原楓と幼馴染だったらしく、生放送中に彼への愛を叫んだのだ。

 人気絶頂の女優による生放送での求愛である。その衝撃度は凄まじく、一夜にして楓は誰よりも有名な出場選手となり、同時に多くの敵を作ることになってしまった。

 櫻沢七海はバラエティ番組に出演しない女優であり、SNSも開設していないため、スキャンダル以後、彼女の言葉は一切、世間に発せられなかった。

 それが故に、無責任な好奇心を満たそうと願う人々は、より一層の注目を楓とレッドスワンに向けてくる。


 そして、レッドスワンを取り巻く喧騒には、さらなる続きが添えられる。

 組み合わせ抽選の結果、レッドスワンは二年連続で高校選手権を制している王者、鹿児島青陽と対戦することになってしまったのだ。

 青陽には昨年度、二年生のGKでありながら、大会最優秀選手に選ばれた鈴羅木槍平がいる。チームの監督は彼の父親でもある鈴羅木達弘だ。

 鈴羅木槍平は二年前、一年生ながら強豪校で正GKの地位を確立すると、全国大会の決勝戦までゴールマウスを守り続け、チームに悲願の選手権初優勝をもたらした。

 幼い頃から息子を指導し続けた父と、その父に栄光をもたらした孝行息子。親子鷹の物語はマスコミに大きく取り上げられ、鈴羅木槍平は高校サッカー界のニューヒーローになった。

 青陽は主役として選手権に登場した昨年も、堂々たる戦いぶりで大会連覇を成し遂げている。言わずと知れた大会ナンバーワンの人気校だ。

 八月のインターハイでは決勝で涙をのんだものの、彼らの復権と、戦後初となる未曾有の三連覇を願う高校サッカーファンは多い。

 世怜奈先生と楓の存在により、一躍、有名校に躍り出たレッドスワンと、実績、実力、物語、三拍子が揃った人気校の鹿児島青陽。

 いきなり実現してしまった最高のカードに、世間は一種異様な盛り上がりを見せていた。


 櫻沢七海の求愛相手を確認しようと、グラウンドには連日、報道陣が詰めかけている。

 組み合わせ抽選会の翌日より、数え切れないほどの取材申し込みが入っているとも聞く。

 一ヵ月後には高校選手権が開幕するのに、こんな状態では万全の準備が出来ない。

 予選以後、世怜奈先生はあらゆる取材を断っていたが、とうとう狂熱を御し切れなくなり、本日、十一月三十日に記者会見を開くことで、この状況に歯止めをかけることを決めた。

 記者会見はお昼休みに、視聴覚室においておこなわれる。

 昨晩、世怜奈先生はキャプテンの伊織と、年代別日本代表への招集歴を持つ名目上のエースである僕に、会見への同席を求めてきた。

 責任感の強い伊織は素直に頷いていたものの、僕が同席する理由などマスコミへのお披露目以外には考えられない。世怜奈先生はマスコミを利用した情報戦が得意だし、時に非常識とも思えるアイデアを実行に移すこともある。何だか嫌な予感がしたので、お昼休みが始まると同時に身を隠し、会見の場へは出向かなかった。


 世怜奈先生が臨む記者会見は、全国放送のお昼のワイドショーで生中継されていた。

 学校には百人近い報道陣が集まっている。

 これが今のレッドスワンに集まる注目度の高さということなのだろう。

 つい先日まで、サッカー部は理事会により目の敵にされていた。二週間前の決勝戦で敗退していれば、今年度での廃部も決まっていたはずだ。

 しかし、選手権予選での優勝により、理事会の態度は百八十度変わった。この少子化の時代、知名度の上昇には値千金の価値がある。世怜奈先生が記者会見を希望すると、一も二もなく段取りが組まれたらしい。

 大人の世界というのは本当に都合が良いものだった。


 会見の席にパンツスーツ姿の世怜奈先生と、チームジャージを着た伊織が登場する。

 世怜奈先生は百七十センチ近い長身だが、百九十二センチの高さを誇る超大型CBの伊織と並べば、そのスタイルの良さもほとんど目立たない。

 眩しいばかりのフラッシュがたかれた後で、記者会見が始まることになった。




 テレビ画面を通しているせいだろうか。

 見慣れた視聴覚室が遠い世界のように見えた。

 多くの報道陣を前に伊織は表情を強張らせていたけれど、世怜奈先生は緊張感のないふわふわとした微笑を浮かべている。

『第九十四回、高校サッカー選手権大会の組み合わせが発表になりました。早速ですが、抽選結果を踏まえて、今、監督がどんな気持ちでいるかをお聞かせ願えるでしょうか』

 普段、あまりテレビを見ない僕でも知っているリポーターが、先生にマイクを向ける。

『率直に言って、くじ運には恵まれなかったと思います。選べるなら、加賀翔督とは反対の山に入りたいと考えていました。対戦が避けられないのであれば、もっと早く、疲労が溜まる前に戦いたかったというのが本音です』

 世怜奈先生の淀みない回答に対し、会場には微妙な沈黙が広がった。

 石川県代表の翔督は、前年度の準優勝校であり、八月に開催されたインターハイの覇者である。優勝候補の筆頭ではあるものの、会場に集まった記者たちが聞きたかったのは、レッドスワンが初戦で激突する青陽の話だろう。

『……トーナメント表を見ると、赤羽高校が翔督と当たるのは準決勝です。もしかして鹿児島青陽と間違えているということはないでしょうか?』

 インタビュアーの質問に対し、世怜奈先生は小首を傾げる。

『間違っていませんよ。今回出場する四十八校の中で、翔督の実力は群を抜いていますよね。彼らを倒さずして優勝は出来ません。抽選結果を受けて対策を考え続けてきましたが、まだ有効なアイデアを見出せていません』

『では、この一週間、ずっと翔督と戦うための準備をしてきたと?』

『ええ。これからの一ヵ月で作戦を練って、選手権ではインターハイ王者を倒します』

 記者会見の会場が、明らかにざわつき始めていた。

『……失礼ですが、監督は本当にトーナメント表をご覧になりましたか? 赤羽高校の初戦の相手は、ディフェンディングチャンピオンです。青陽については、どうお考えですか?』

 戸惑いの色を隠せないインタビュアーの質問を受けて、世怜奈先生は苦笑いを浮かべる。

『どうと言われても、特にマークしていないチームなので、表層的なことしか分かりません。強いて答えるとすれば、青陽については非常に退屈なサッカーをするチームという印象を持っています。ただ、私たちと当たるわけですから、彼らは二回戦で消えます。皆さん、面白い試合が見たいでしょうし、大会にとっては良いことではないでしょうか』


 ……始まってしまった。

 その時、中継を見ながら、そんなことを思っていた部員は僕だけではないだろう。

「またマスコミを利用して何かしようとしてやがるな」

 腕組みをしながらテレビを見つめていた鬼武先輩が呆れたように呟く。

 伊織も何も聞かされていなかったのだろう。画面の中で頬を引きつらせている。

 青陽など眼中にない。世怜奈先生はそんな風を装っていたが、実際のところはこの一週間、ひたすらに青陽の戦力を分析し、対策を練ることに腐心していた。準決勝で当たるかもしれない翔督の対策など、少なくとも練習では一分たりともおこなっていない。

 無責任なマスコミに、誠実である必要はない。

 レッドスワンに群がる彼らを、いつものように逆に利用するつもりなのだ。


 既に記者会見場の雰囲気は、ざわつきでは済まされない類のものに豹変している。

「現実が分かっているのか」

「王者に対して失礼だ」

「素人監督が」

 世怜奈先生に対する野次も聞こえてくる。

『青陽のサッカーが退屈というのは、どういうことでしょうか? 彼らは大会屈指の人気チームです。攻撃的なサッカーを志向しており、ファンも非常に多い。何処か別のチームと間違えているのではないですか?』

『大会二連覇中のチームを見間違えるほどボケていませんよ。私、二十六歳ですから』

 会場中の戸惑いも、野次も、何処吹く風で、世怜奈先生は告げる。

『今、あなたは青陽のサッカーを攻撃的と評しましたよね。まさに今の発言は、この国のサッカー文化の偏差値の低さを証明する好例です。青陽が標榜する戦術は、ボールを保持し続ける、いわゆるポゼッションサッカーです。去年の選手権でも、今年のインターハイでも、彼らの平均ポゼッション率は群を抜いて高い数字でした。ゲームによっては八十パーセントを超えることさえあった』

『それだけ攻撃に時間を割くサッカーがどうして退屈だと……』

『ポゼッションに中身が伴っていないからです。リスクを冒すことを嫌い、少しでも懸念があればすぐに後ろに戻す。敵の守備陣形が崩れるまで、そうやってボールを回し続ける。敵にボールを渡すことを極端に嫌がるあの姿勢は、臆病な子どもの児戯にしか見えません』

 相手がどれだけの人気校であろうと、世怜奈先生が怯むことなど有り得ない。

『彼らは試合時間の大部分を、自己陶酔のパス回しで殺しています。サッカーというのはゴールを奪うことを目的とするスポーツですから、ポゼッションのためのポゼッションなど冒涜です。あんなに退屈でつまらないチームを私は見たことがない。早々に消えてもらいますよ』


 この世界には、言霊とでも呼ぶべき発言力を持つ人間が、確実に存在するのだろう。

 今や記者会見の会場は、完全に世怜奈先生に飲み込まれていた。

 彼女は選手権予選にて、自らに求愛してきた美波高校の監督を容赦なく振っている。その時の動画がインターネット上で拡散されているため、彼女が棘のない薔薇ではないことは記者たちも知っていたはずだ。けれど、ここまで大胆な発言をしてくるとは予想していなかったに違いない。

 昨年、一昨年と、青陽の優勝は二年連続で、親子鷹の涙と共に大きく報じられた。

 物語の主人公であった鈴羅木槍平は三年生になり、J2のクラブへの加入が決まった状態で、集大成の大会を迎えている。抽選会前の特番でも、彼らは顔のような扱いを受けていた。

 しかし、僕らは感動を売り物にしたい人間たちのために、ヒーローの引き立て役として戦うわけじゃない。

 世怜奈先生は自らの評判など、心底どうでも良いと考えている人間だ。その可憐な容姿があれば、マスコミに持ち上げられる美しい人形となることも出来たはずなのに、道化となることを良しとはしなかった。

 自らに群がるマスコミを利用し、心理戦も使いながら強敵を打ち崩す。

 恐らく今、世怜奈先生の頭にあるのは、そんな思考だけだろう。


『翔督は私たちよりも遥かに強いチームです』

 真剣な顔で、先生は話を続ける。

『まともにぶつかったのでは十回やっても勝てないでしょう。ですが、準備のための期間は一ヵ月ある。挑戦者が王者を倒す爽快な光景を、皆さんにお見せしたいと思います』

 隣に座る伊織に目配せをしてから、世怜奈先生はその場に立ち上がった。

『あえて言わなくても分かると思いますが、挑戦者が対策を丸裸にされたのでは勝負にすらならない。今後はグラウンドへの取材も、生徒への取材も、一切お断りします。どうか挑戦者として集中させて下さい。皆様の良識に期待します。午後の授業が始まりますので、会見はここまでにしましょう。それでは』

 報道陣にはまだまだ聞きたいことが山ほどあったはずだ。

 そもそも、たかだか一私立高校の記者会見がワイドショーで生中継されたのは、応援マネージャーの櫻沢七海に求愛された榊原楓の話を放送したかったからだろう。しかし、身勝手な世間の好奇心の前に、世怜奈先生が生徒を晒すはずもない。

『ちょっと待って下さい! まだ聞きたいことが……!』

『櫻沢七海さんの告白について、榊原選手はどんな反応を見せていますか! 一言だけで良いので彼の反応を……』

 記者たちが取り囲んだが、追いすがる声を完璧に無視して、先生は伊織と共に颯爽と視聴覚室から出て行った。


 中継が終わり、部室の後ろを振り返ると、三馬鹿トリオがテレビに背中を向けて、たこ焼きを頬張って騒いでいた。

 記者会見を見ないなら、こいつらは何故、部室に来たんだろう。

「……楓、良かったな」

「あ? 何がだよ」

 両手に持ったつまようじに、たこ焼きを刺し、僕に見せつけるように掲げながら、楓は睨みつけてくる。

「世怜奈先生がわざわざマスコミを集めて、人気校に喧嘩を売ったのは、お前に集まっていた注目を自分に向けるためだ。これで、やっと落ち着いて練習出来るようになる」

 あの日の特番以来、連日、グラウンドにはマスコミや野次馬が大挙して押し寄せていた。敷地内に無断で入ってくる者が現れ、警察を呼んだことさえある。

 彼らの目的が、楓の姿を写真に収めることにあったのは一目瞭然だ。

 好奇心の捌け口にされ続けた状態で、平常心を保つのは難しい。

 GKはとりわけメンタルが重要なポジションでもある。この一週間、楓には室内で練習をおこなってもらうしかなかった。

 高校選手権への出場を決めてから、世怜奈先生はGKのトレーニングを僕に一任している。当然、楓は反発していたが、そもそも昨日までは、野次馬たちのせいで、ろくな練習にならなかった。

「先生が会見を開いてあそこまではっきり言ったんだ。今日から少しはマシになるだろ。グラウンドでの練習を再開しよう。試したかったことも幾つかある」

「はあ? てめえ、本気で俺のコーチをするつもりなのか? 相変わらず、馬鹿な奴だな。今更、俺に新しい練習なんて必要ねえよ。俺は全国ベスト4の美波を、クリーンシートで封じた男だぞ。今や俺に敵う奴なんて何処にもいねえ」

「何を思い込むのもお前の自由だけどな。世間の人間は、青陽の鈴羅木を高校サッカー界ナンバーワンGKだって評価してるよ。お前がどれだけ強がったところで、今のままじゃ誰も認めてくれない。だけどさ、そんなの腹が立つじゃないか」

 本当に鈴羅木がナンバーワンならそれで良い。だが、

「楓があいつに劣っているとは思えない。誰が本物のナンバーワンなのか、証明してこいよ。お前ならそれが出来るはずだし、そのためになすべきことも明確だろ。レッドスワンが高校選手権で優勝すれば良いだけなんだからな」

 部室に集合していた全部員の目が、僕と楓に集まっていた。

「世怜奈先生があれだけの啖呵を切ったんだ。どのみち中途半端な成績じゃ帰って来られない。なあ、楓。このチームが作られた時に掲げられた、最初の方針を思い出してみろよ」

 新生レッドスワンでは、チーム立ち上げ時に、一つのコンセプトが共有されている。


『トーナメントでは一点も取れなくても、全試合を無失点で終えられれば優勝出来る。トーナメントでは守りきれるチームの方が絶対に強いの』


「世怜奈先生が言っていた通りじゃないか。お前が一点も失わなければ、お前がPK戦で敵を止めてくれれば、僕らは絶対に負けない。だからさ……」

 失点ゼロのクリーンシートでゲームを終えるというのは、言葉にするほど簡単なことじゃない。しかし、今の僕らには確固たる方針がある。戦う術が誰の頭の中にも明確になっている。

 迷いなき覚悟は大きな武器となるはずだ。

「当たり前みたいな顔で優勝してこようぜ」

 一年半という歳月を閲した今も、僕の右膝は壊れたままだ。

 予選同様、全国の舞台にも立つことは出来ない。そんな現実が、たまらなくもどかしい。

 それでも、心はこんなにも高揚している。

 不思議な確信があった。これから始まるのは、きっと……。



 ――――――日本で一番熱い冬だ。