ウェブ書き下ろし小説

ウェブ書き下ろし小説
ホームページでしか読むことのできない、書き下ろし小説を毎月更新していく、
このコーナー。メディアワークス文庫で活躍するさまざまな作家たちが綴る、
思い思いの短編を堪能することができます。今回は鳩見すたによる
『アリクイのいんぼう』のサイドストーリーをお贈りします。
  • 『φの方石 ―魔石奇譚拾遺 小桃の讃歌―新田周右

    第21回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作『φの方石 (ファイのほうせき) ―白幽堂魔石奇譚―』のサイドストーリー。女優を夢見る少女・小桃を襲った、人の運命を狂わせる方石「魔石」の悲劇。そんなとき小桃の前に現れたのは、方石の修繕をしているという生意気な年下の方石職人だった――。本編より遡ること半年。天才方石職人におとずれた、とある「魔石拾い」の物語。

    ※電撃文庫MAGAZINE Vol.42でも掲載しております。

  • 読む
  • 『ちょっと喫茶店での話』北川恵海

    第21回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作『ちょっと今から仕事やめてくる』のサイドストーリー。とある喫茶店内でOL風のアラサー女性ふたりが、仕事に対する悩み話を交わしています。日本中どこでも見られるようなありふれた光景のはずが、そこにひとりの男が加わって――。

    ※電撃文庫MAGAZINE Vol.42でも掲載しております。

  • 読む
  • 『レトリカ・クロニクル 狐の優しい嘘森 日向

    第21回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作『レトリカ・クロニクル 嘘つき話術士と狐の師匠』のサイドストーリー。狐の師匠カズラと共に旅を続ける話術士シンは、旅先の山小屋で獣人に足止めされて立ち往生していた青年と出会う。恋人の病を治すため、この先の山に生える薬草を手に入れたいというイヴァンのためにシンは交渉役を買って出るが……。

    ※電撃文庫MAGAZINE Vol.42でも掲載しております。

  • 読む

バックナンバー

※現在、バックナンバーにない作品は無料公開期間が終了いたしました。何卒、ご了承ください。なお、無料公開期間が終了した作品につきましては、今後文庫化、もしくは電子書籍化を検討しております。発売が決定した際には、本サイトで追ってご案内させていただきます。

ページの先頭へ