物 語

 科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを「怪異」と呼んだ。
 当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。九条湊──どこか斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのはそこではない。霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。それにもかかわらず怪異を倒すという。その手腕は驚くべきものだった──。

登場人物

九条 湊
退魔師たちの業界では「零能者」と揶揄され、忌み嫌われている青年。ひょうひょうとしていながら、したたかで毒舌。その減らず口で余計敵を作っていそうだが、本人は気にしていない様子。驚くべき炯眼で、誰もが思いも寄らない方法で怪異を倒す。

山神沙耶
御蔭神道の巫女。まだ高校生だが、神降ろしができる優れた才能の持ち主。非常に生真面目で、融通がきかない分思い悩んでしまうことも。人を疑うことを知らない素直な性格を「馬鹿正直」と湊に揶揄されることもある。

赤羽ユウキ
子供でありながら、総本山でも一目置かれる法力の持ち主。退魔に関しては天性の才覚を持っている。その分、妬まれ、孤立してしまっている。大人びた冷めた感情と、子供らしい自己顕示欲が同居しているので、時折跳ねっ返りな態度を取る。湊とは犬猿の仲。

担当編集者が語る作品の魅力

 霊力、法力など一切持たない青年、九条湊。同業者からは「零能者」と揶揄されるが、驚くべき手法で鮮やかに怪異事件を解決してしまう──。怪異というオカルト的な題材なのに、それを科学的推理で解体してしまう手法が斬新と評価をいただいております。
 また、湊の傲岸不遜なキャラを愛してくださる女性読者の方もたくさんいらっしゃるようです。ホラーとミステリ、そして気持ちいいぐらい我が道を行くキャラがお好きな方はぜひ。

コミック版単行本も発売中! B’s-LOG COMICS『0能者ミナト(1)~(4)』
漫画/田倉トヲル
原作/葉山透
キャラクター原案/kyo
エンターブレイン刊 各定価651円
作家・葉山 透インタビュー!

葉山 透
電撃文庫『9S<ナインエス>』が大ヒットし、現在も続く長期シリーズとなっている。大胆な設定と躍動感あふれる筆致には定評あり。幅広いジャンルで活動中。

ページの先頭へ