物 語

バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りの靴のヒールが折れてまさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を助けてくれたのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な見た目から社内で殺し屋と恐れられる龍生だった。千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。「断ったら殺される!?」命の危険を感じた千紗は、怯えながらも偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!? 凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

登場人物

北風龍生(きたかぜたつお)

「この私が三春さんからチョコをもらうなどと!」
「恋愛の神がついに本気を出してきたぞー!」

凶悪すぎる目つきにより、社内で殺し屋と恐れられるサラリーマン。
実は中学生も驚きの純情な35歳なのだが、噂に尾ひれがついてハレモノ扱い。
千紗の義理チョコを本命と勘違いし、まずは交換日記で愛を深めようとする。

三春千紗 (みはるちさ)

「私が北風さんを愛してるなんてありえないからっ!」
「神様なんていないんじゃないの?」

ぎりぎり昭和生まれのゆとり世代で、上からも下からもプレッシャーを受けるOL。
ハイヒールを履くことで大人の女性になりきる頑張り屋。
龍生の怒りを買うことを恐れ偽の彼女になるが、次第に龍生の人柄を知っていき……?

北風莉衣奈(きたかぜりいな)

「置いといていいよ、後でやるからー」

北風龍生の年の離れた妹。凶悪すぎる目つきの兄と違い、愛らしい外見を持つ女子大生。
おっくうなコトは後回しにする、典型的なめんどくさがり屋。
どうしても欲しいパンプスのために(?)兄の恋が上手くいくように応援している。

南城恵里子(なんじょうえりこ)

「女を謳歌したいっていうなら、恋は外せないわよ!」

千紗の親友にして会社の同僚。さばさばした性格だが、抜け目がなくちゃっかり者。
バレンタインの日に、社内で配るはずだったチョコレートを間違えて多く購入し、千紗に渡す。
今回の義理チョコ勘違い騒動の引き金役。

担当編集者が語る作品の魅力

義理チョコをきっかけに始まる勘違い&すれ違いラブコメ。人生初のお付き合いにウキウキ気分の主人公・龍生。それとは対象的に、ヒロインの千紗は社内の第1級危険人物と付き合うことになり、人生のどん底気分。龍生と千紗の奇妙な関係をそれぞれの視点で交互に描いているので、二人の上手く噛み合わないやり取りや会話に、クスッと笑えること間違いなし! 空回りしている龍生に、次第に心引かれていく千紗の変化も要注目! がんばり過ぎている方に、息抜きとして読んでいただきたい、笑えて泣ける1冊です!

星奏なつめから読者の皆さんへ

はじめまして、星奏です。本作品は、誤解から始まった恋が、最後の最後まで誤解を呼び続けるという、すれ違いラブコメになっております。主人公二人の清々しいまでのズレっぷりを、いやいやいやとツッコミつつ読み進めていただければ幸いです。笑いすぎて腹筋が割れてきたり、キュンとしすぎて心筋が強くなっちゃうような健康作用もあったりなかったり……? どうぞ軽い気持ちでお楽しみください。よろしくお願いいたします。

作家プロフィール

星奏なつめ(せいそう なつめ)

鹿児島と山口のハーフで愛媛出身、東京在住。かつては臨床心理士を志していました。カウンセリングと小説――道は違えど、言葉の力は同じ。自分の作品が微力ながらも誰かの笑顔に繋がればいいな、と切に願っています。落ち込んだときも楽しい気持ちになれる、そんなお話をお届けできるよう頑張ります!

作家インタビュー