ビブリア古書堂の事件手帖IV ~扉子たちと継がれる道~
三つの時代を跨ぎ「鎌倉文庫」の謎に挑む、ビブリア古書堂新シリーズ第4弾

戦時中、川端康成ら鎌倉の文士達が立ち上げた貸本屋「鎌倉文庫」。千冊あったといわれる蔵書も、発見されたのはわずか数冊。では残りはどこへ? 扉子、栞子、智恵子の3人が時代を跨ぎ、ある文豪の古書に纏わる謎に挑む。

目次

第一話 令和編
第二話 昭和編
第三話 平成編 
第四話

発売日:2024年3月23日 サイズ:文庫判

定価:803円(本体730円+税) ISBN:9784049152982