創刊10周年記念「みんなが選ぶ『メディアワークス文庫総選挙』」へ、たくさんのご応募ありがとうございました!
読者の皆様からいただいた「私の一番好きなメディアワークス文庫1冊」の投票を元に、厳正なる審査の結果、こちらの5作品が入選となりました。この5作品にご応募いただいた「最優秀おすすめコメント」とともに大発表いたします!


◆読者が選んだ心温まる小説No.1!



神様にだって願いがある!
神様に振り回され東奔西走する、ハートウォーミング神様物語。
神様の御用人(浅葉なつ)

最優秀おすすめコメント
54歳の私の胸がキュンとなって、ぽろぽろ泣いて、そして温かい気持ちになれる本。神様なんて居ない…そんな淋しいこと、言わないでください。私達の目には見えなくても神様は居る、そう思える1冊です。
(こえづかかずこ
さん


◆読者が選んだ泣ける小説No.1!



寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。
22万部突破! 絶大な支持を受け続ける青春小説。
三日間の幸福(三秋 縋)

最優秀おすすめコメント
理想の死に方は常に考えているのに、理想の生き方は考えられないような人におすすめです。
(フジワラ
さん


◆読者が選んだスポーツ小説No.1!



廃部寸前の名門チームの、最後の闘いが幕を開ける!
恋愛小説の名手が贈る新時代の青春サッカー小説。
レッドスワンの絶命
赤羽高校サッカー部(綾崎 隼)

最優秀おすすめコメント
とにかく大好き。本当に大好き。一人でも多くの人に見てほしい。胸が熱く滾る青春がここにはありました。
(晴子
さん


◆読者が選んだお仕事小説No.1!



働く人なら誰もが共感!
明日への勇気がもらえる、70万部突破のベストセラー!!
ちょっと今から仕事やめてくる 
(北川恵海)

最優秀おすすめコメント
私の大好きな本で、大切な人が悩んでいたら送りたい本。悩んでいるときに本を読むのはしんどいかもしれないから、私の大好きな場面には読んだ日からずっと付箋がしてある。  できるだけ多くの人が、自分の人生を生きれますように。
(COMALI@幸ぴた
さん


◆書店員が選んだNo.1!



情緒あふれる鎌倉を舞台に、
古書店の女店主が紐解くビブリオミステリ!
ビブリア古書堂の事件手帖
~栞子さんと奇妙な客人たち~(三上 延)

最優秀おすすめコメント
様々な古書を中心に織りなす、謎解きとそれに関わる人々の人生ドラマを愉しむとともに、
改めて本というものは人とともにあるものなのだと、実感させてくれる作品です。
(KaBoS イオンモール新小松店 石黒
さん


 


こちらの入選コメントが文庫帯やPOPになって書店を飾ります!
お見かけの際は、どうぞよろしくお願いいたします。

また、たくさんの投票がありながら、惜しくも次点となった上位ランクイン人気作、NEXTブレイク作品群もご紹介します!

 


◆読者が選んだ『泣ける小説』部門


『アオハル・ポイント』
(佐野徹夜)


『私が大好きな小説家を殺すまで』
(斜線堂有紀)


◆読者が選んだ『心温まる小説』部門


『おかえりの神様』
(鈴森丹子)


『おとなりの晴明さん ~陰陽師は左京区にいる~』
(仲町六絵)


◆読者が選んだ『お仕事小説』部門


『博多豚骨ラーメンズ』
(木崎ちあき)


『0能者ミナト』
(葉山 透)


『オーダーは探偵に 謎解き薫る喫茶店』
(近江泉美)


◆『書店員が選んだ』部門


『15歳のテロリスト』
(松村涼哉)


『アリクイのいんぼう 家守とミルクセーキと三文じゃない判』
(鳩見すた)


◆きそうだよ!NEXTブレイク部門


『後宮の夜叉姫』
(仁科裕貴)


『ヘルハウンド 犯罪者プロファイラー・犬飼秀樹』
(青木杏樹)


『ニセモノ夫婦の紅茶店 ~あなたを迎える幸せの一杯~』
(神戸遥真)


『百鬼夜行とご縁組 ~あやかしホテルの契約夫婦~』
(マサト真希)


 


いかがでしたか?
これからもメディアワークス文庫は、胸焦がす熱い物語を作ってまいりますので、ご注目ください。


カテゴリー