夜空は見上げる君に優しく

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

漱石の愛の言葉で紡がれる切ない物語に、涙がとまらない。

 渋谷の夜を照らすアドバルーン。気球から下がる布には、夜の街を楽しむ人達のメッセージがつぎつぎと流れていく。
 そんなメッセージの中に、「夜が怖い人もいるんです」という悲壮な呟きを見つけた、気球の管理人、横森佑。夜のにぎわいを守るため、呟きの主と待ち合わせると、やってきたのは一人の少女。それが、言葉を発せず、今にも消えてしまいそうな女子高生、咲良との出会いだった。夜の屋上に居場所を見つけた青年と、夜に脅える少女が、二つの月の下で出会う、儚い恋愛物語。

発売日:2018年1月25日 サイズ:文庫判

定価:本体630円(税別) ISBN:9784048936231